内縁の妻の休業損害・逸失利益について,家事労働者として適正な賠償を得られた事例

タグ:,

内縁の妻の休業損害・逸失利益について,家事労働者として適正な賠償を得られた事例

依頼者の状況

64歳 女性 無職
自動車乗車中に追突被害に遭われました。頚椎捻挫、腰椎捻挫により230日間通院されました。。
自賠責により14級9号の後遺障害の認定を受けました。。

相談に至った背景

相談時,すでに保険会社から賠償額の提示がありました。
しかし,提示の金額が適正かどうか判断できないとのことで相談に来られました。

当事務所の対応

依頼者は内縁の夫と生活し家事労働の一切を担っていたにもかかわらず休業損害の認定がなされていなかったことから,主婦の休業損害を主張し,また裁判基準での慰謝料を主張し,増額に成功しました。

結果

190万9,330円→333万4,048円 となりました。
慰謝料額が142万円以上アップしました
相談料・着手金0円 交通事故・後遺障害無料法律相談のご予約 些細なことでもお気軽にご相談ください。TEL:079-456-8220 受付時間 平日9:00~19:00 相談時間 平日10:00~19:00 土日祝及び夜間は応相談

ご相談の流れはこちら