専門学校生の将来の逸失利益について,適正な賠償を得られた事例

タグ:, ,

専門学校生の将来の逸失利益について,適正な賠償を得られた事例

34767_136.jpgのサムネール画像

相談者 10代 女性

後遺障害 14級9号

傷病の状況 頸椎捻挫による痛み、手のしびれの症状

獲得賠償額 約127万円(後遺障害部分のみ)

追突事故の被害に遭われました。

【ご相談に至った背景】

傷害部分については,自賠責本件に対する後遺障害等級認定申請前に加害者側保険会社と示談しておられました。頸椎捻挫による痛み,手のしびれの症状について,自賠責保険により後遺障害14級9号に認定されたため,後遺障害部分について,適正な金額での示談をめざし,ご相談されました。

【当事務所の対応】

裁判基準を前提とした慰謝料及び美容専門学校への入学が決まっていたことから,専門学校卒業後就職見込み時期からの後遺障害逸失利益を主張しました。

加害者側保険会社は後遺障害慰謝料を裁判基準の8割で主張してきましたが、増額交渉の結果裁判基準による適正な金額で示談することができました。
【結果】

当事務所に依頼した結果、127万円の賠償金獲得に成功しました。

※事件内容に関しては個人が特定されないよう、若干変更して掲載しております。

相談料・着手金0円 交通事故・後遺障害無料法律相談のご予約 些細なことでもお気軽にご相談ください。TEL:079-456-8220 受付時間 平日9:00~19:00 相談時間 平日10:00~19:00 土日祝及び夜間は応相談

ご相談の流れはこちら