自転車乗車中に事故に遭ったが,提示された慰謝料が低額だったため弁護士に依頼したところ,約2倍に増額できた事例

タグ:

自転車乗車中に事故に遭ったが,提示された慰謝料が低額だったため弁護士に依頼したところ,約2倍に増額できた事例

34767_008.jpg

相談者 60代 男性 無職

傷病の状況 不全骨折など

獲得賠償額 提示額67万円から120万円

相談者が自転車で走行中、相談者の自転車を追い越した加害車両が対向車を避けるために車線の端に車体を寄せた際、相談者の自転車と接触した。

【ご相談に至った背景】

相談時すでに保険会社から傷害慰謝料の提示がありましたが、金額が低額でしたので、増額交渉の依頼を受けました。

【当事務所の対応】

不全骨折をしているのに打撲を前提とした慰謝料の提示しかなかったことからその点を指摘し,また裁判基準での慰謝料を主張し,慰謝料の増額に成功しました。
【結果】
当事務所に依頼した結果、慰謝料額が約67万円から約120万円に増額されました。

※事件内容に関しては個人が特定されないよう、若干変更して掲載しております。

相談料・着手金0円 交通事故・後遺障害無料法律相談のご予約 些細なことでもお気軽にご相談ください。TEL:079-456-8220 受付時間 平日9:00~19:00 相談時間 平日10:00~19:00 土日祝及び夜間は応相談

ご相談の流れはこちら