示談交渉を弁護士に依頼したことで慰謝料,休業損害,逸失利益が大幅に増額し,保険会社の事前の提示額から約2.2倍になった事例

タグ:, ,

示談交渉を弁護士に依頼したことで慰謝料,休業損害,逸失利益が大幅に増額し,保険会社の事前の提示額から約2.2倍になった事例

相談者:40代女性

職業:主婦

受傷内容:頚椎捻挫,腰椎捻挫,心因反応

後遺障害:併合14級

獲得賠償金:約193万→約417万

  34767_136.jpgのサムネール画像

【ご相談にいたった背景】

症状固定後,以降の示談交渉を見越して弁護士に依頼されました。
 
ご依頼者様は,事故の影響で塞ぎがちになり,治療期間中も辛い日々を過ごしておられました。弁護士に初めて相談に来られた日も当初は緊張しておられましたが,相談を終えた時点では非常にリラックスした様子で笑顔で帰宅されました。
 
示談交渉にあたっては,受傷によるご依頼者様の生活等への影響を保険会社に具体的に説明し,主婦の休業損害として約126万円,後遺障害逸失利益として約80万円を獲得できました。慰謝料も増額でき,結果として,当初の保険会社の提示額から約2.2倍増額することができました。

【弁護士によるポイント解説】

弁護士というと堅苦しいイメージを持たれる方も多いと思いますが,当事務所は,交通事故被害者の方の現在及び将来の不安を少しでも和らげていただくために最善を尽くしておりますので,気楽にご相談いただければと思います。

 

相談料・着手金0円 交通事故・後遺障害無料法律相談のご予約 些細なことでもお気軽にご相談ください。TEL:079-456-8220 受付時間 平日9:00~19:00 相談時間 平日10:00~19:00 土日祝及び夜間は応相談

ご相談の流れはこちら