弁護士の交渉開始わずか5日で賠償金120万円の増額を認めさせることができた事例

タグ:

弁護士の交渉開始わずか5日で賠償金120万円の増額を認めさせることができた事例

相談者:70代女性

職業:無職 

受傷内容:頚椎捻挫、神経障害性疼痛

通院期間:244日

獲得賠償金:400万円

  34767_136.jpgのサムネール画像

【ご相談にいたった背景】

 ご依頼者様は,交通事故の後遺症による手のしびれなどが原因で,交通事故に遭うまで行っていた畑仕事ができなくなるなど,以前の生活が送れなくなってしまったことに対する保険会社の賠償金の提示額が十分でないと悩まれ,当事務所に依頼されました。
 

【弁護士の対応】

 ご依頼者様のお悩みに応えるには慰謝料を増額する必要があると判断し,当事務所にて,裁判基準(弁護士基準)に慰謝料を算出し直し,保険会社に損害賠償請求を行い,交渉を行いました。その結果,わずか5日120万円の増額を認めさせることができました。
 

【弁護士によるポイント解説】

 弁護士に依頼し,裁判基準で慰謝料を請求することで,ご自身で保険会社と交渉される場合に比べて,高額の賠償を得ることができます。
 特に弁護士費用特約を使用できる場合は,ご依頼者様の負担はなく,弁護士に依頼することが可能ですので,特約にご加入の方は,是非弁護士に相談されることをお勧めします。
 

 

相談料・着手金0円 交通事故・後遺障害無料法律相談のご予約 些細なことでもお気軽にご相談ください。TEL:079-456-8220 受付時間 平日9:00~19:00 相談時間 平日10:00~19:00 土日祝及び夜間は応相談

ご相談の流れはこちら