高次脳機能障害

交通事故に遭うと身体に激しい衝撃が加わりますが、場合によっては大きく頭を打ちつけることもあります。

頭を打ち付けた際の衝撃は目に見える外傷となるだけでなく、脳に影響を及ぼすこともあります。
  34767_008.jpg
交通事故に遭遇した前と事故後とで少し様子が変わったなと感じられるくらいに記憶力や集中力が低下してしまった、仕事の要領が極端に悪くなってしまった、感情の起伏が激しく感情のコントロールが上手く出来ていない、というような症状が発生しているのであれば、高次脳機能障害を負われている可能性があります。
 

高次脳機能障害の認定基準

等級 認定基準
1級1号
(要介護)
神経系統の機能または精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
2級1号
(要介護)
神経系統の機能または精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
3級3号 神経系統の機能または精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
5級2号 神経系統の機能または精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
7級4号 神経系統の機能または精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
9級10号 神経系統の機能または精神に障害を残し、服することが出来る労務が相当な程度に制限されるもの
 
脳の損傷は目に見えないため、高次脳機能障害を負っているにもかかわらず、「体調が良くないのでは?」などと気に留めずに見過ごしてしまうおそれがあります。しかし、高次脳機能障害においても、他の後遺障害同様に、早期に適切な治療を開始することで、障害の症状を軽減できる可能性があります。
 
交通事故に遭ったご自身やご家族に、「事故に遭ってから人が変わったような気がする」など、些細なことであっても高次脳機障害だと疑われる症状があれば、まずは高次脳機能障害に詳しい弁護士にご相談することをお勧め致します。
 

部位別に後遺障害を解説します

部位別に後遺障害を解説します

頭部

頭(目・耳・鼻・口)

首

肩(鎖骨)

手、肘、腕

胸、背中、腰(骨盤)

膝

足(膝を除く)

死亡事故

高次脳機能障害

遷延性意識障害

脊髄損傷

むちうち

醜状障害

大きく頭を打ち付けた際にできる怪我や障害があります

交通事故が原因で失明したり、視力が下がることがあります

むちうち・頸椎捻挫・頸椎挫傷などがあります

骨折や脱臼、神経麻痺に伴って上肢の後遺障害が発生します

手指の欠損、手指の機能障害などがあります

交通事故の衝撃は脊髄に損傷をもたらすこともあります

膝の骨を骨折してしまい、後遺障害になることがあります

下肢の後遺障害は骨折や脱臼などによって引き起こされます

【毎月1回開催】 加古川交通事故無料相談会のおしらせ

交通事故パワポバナー.png

毎月1回開催、加古川交通事故無料法律相談会を開催いたします>>詳しくはこちら
相談会開催場所   つつじの総合法律事務所
                          加古川市加古川町寺家町(じけまち)47-6 加古川ベルデモールビル5A号
                          加古川駅南口から徒歩5分です。
担当弁護士:弁護士中森真紀子

ご予約の枠に限りがございますので、弁護士による土曜法律相談をご希望の方はお早めにお申し込みください。

親切丁寧に対応させて頂きます。ぜひお気軽にご相談下さい。

ImgTop4.jpg
●交通事故被害でお悩みの方へ ●ご相談の流れ ●弁護士紹介
●弁護士費用 ●事務所紹介 ●アクセスマップ