弁護士に依頼すると賠償金が増額される? 賠償金計算のおける3つの基準

多くの人には知られていませんが、交通事故事件の賠償金は、弁護士に示談交渉を依頼すると大幅に増額されることが多くあります。
ここではその仕組みについてご説明します。
  34767_112.jpg

交通事故の示談交渉とは、加害者(保険会社)と被害者が話し合いで損害賠償額を決めることを言います。
この損害賠償額を決める一要素である慰謝料を決める基準には、①自賠責基準、②任意保険の基準、③日弁連基準の3つの基準があります。この3つの基準のうち、どの基準を用いて損害賠償額を決定するかによって、賠償金額が大幅に異なってきます。
 
ここでは、この3つの基準の違いについて以下でご説明いたします。
適正な賠償金を受け取るためにも、この3つの基準の違いについてしっかりと理解しておきましょう。
 

自賠責基準

自賠責保険は、車を所有する際に誰もが加入しなければならない保険になります。自賠責保険は人身事故のみが適用対象になりますが、交通事故の被害者を広く救済することを目的にしている保険であるため、国が最低限の補償を提供するものであり、次の任意保険の基準や裁判所の基準と比較すると、賠償額が最も低い基準になります。
 

任意保険の基準

任意保険は自賠責保険と異なり、任意に加入する保険です。任意保険の場合は、自賠責保険では補償の対象にならない物損事故も補償されます。任意保険は、自賠責保険でカバーすることができない損害を補填することを目的とした保険であるため、任意保険の基準で損害賠償額を計算すると、自賠責基準で算出した損害賠償金額より高額になります。しかし、裁判所の基準で計算した賠償金額よりは低くなります。
 

③裁判所の基準

裁判所の基準は、裁判になった時に裁判所が用いている基準になります。裁判所の基準は、最新の判例や実務動向、また事故が発生した際の物価や賃金水準といった経済的指標を考慮して算出されますが、裁判所の基準を使って損害賠償額を算出すると、ほとんどの場合において、自賠責基準、任意保険の基準よりも高額になります。
 
3つの基準の比較
自賠責基準 < 任意保険の基準 < 裁判所の基準

 
保険会社から提示される損害賠償額は、ほとんどのケースで、①自賠責基準あるいは、②任意保険の基準であり、本来交通事故被害者が受け取るべき適正な損害賠償額とはいえないのが実際です。
「交通事故問題から早く開放されたい」と思われることもあると思いますが、すぐに示談に応じるのではなく、適正な損害賠償金を受け取るためにも、交通事故問題に詳しい弁護士に相談されることをお勧めいたします。

交通事故についてはこちらもご覧下さい

●交通事故問題解決のポイント ●賠償金計算のおける3つの基準 ●賠償金の計算方法
●入院時の損害賠償 ●過失割合・過失相殺とは? ●弁護士に相談する
タイミング
●弁護士と行政書士との違い    

【毎月1回開催】 加古川交通事故無料相談会のおしらせ

交通事故パワポバナー.png

毎月1回開催、加古川交通事故無料法律相談会を開催いたします>>詳しくはこちら
相談会開催場所   つつじの総合法律事務所
                          加古川市加古川町寺家町(じけまち)47-6 加古川ベルデモールビル5A号
                          加古川駅南口から徒歩5分です。
担当弁護士:弁護士中森真紀子

ご予約の枠に限りがございますので、弁護士による土曜法律相談をご希望の方はお早めにお申し込みください。

親切丁寧に対応させて頂きます。ぜひお気軽にご相談下さい。

ImgTop4.jpg
●交通事故被害でお悩みの方へ ●ご相談の流れ ●弁護士紹介
●弁護士費用 ●事務所紹介 ●アクセスマップ