信号待ち中に後ろから追突された場合

交通事故には、例えば、交差点での出合頭事故、路外から出てきた車との接触事故、駐車場内での事故など様々な態様があります。
その中でも、信号待ちや渋滞などで停車中に発生する「追突事故」の類型は、事故の中で、相当の割合で見られる事故類型になります。

(1) 追突事故における慰謝料増額のポイント

追突事故被害に遭われた方の中には、事故後に首や腰の痛みやしびれを感じ、病院で「頚椎捻挫」「腰椎捻挫」と診断される方が多くいらっしゃいます。実際、当事務所にご相談に来られる方の多くは、追突事故でこれらの症状に苦しんでおられる方々です。
そして、ご相談者の多くは、事故で痛い思いをしたのだから十分な慰謝料を受け取りたい、後遺障害が残った場合の賠償もしっかりと受けたい、と訴えられます。
この点、慰謝料は、入通院した期間や回数によって金額が決まります。痛みやしびれといった症状で肉体的精神的な苦痛を受け、これに対する金銭的な賠償を求めたいと考えても、忙しくてあまり通院できなかったという場合は、通院日数や回数が少ないが故に慰謝料額が低くなってしまいます。したがって、何らかの症状がある場合は、しっかりと通院して治療を受けることが重要になります。
また、この慰謝料額は、弁護士が関与しない場合と関与する場合とでは金額が異なってきます。
当事務所では、慰謝料・賠償金チェックサービスも行っておりますので、是非ご利用ください。

>>「慰謝料の3基準」はコチラ
>>「慰謝料・賠償金チェックサービス」はコチラ

(2) 追突事故では、被害者の保険会社は関与してくれない

交通事故の被害に遭っても、ご自身が加入している保険会社が相手方保険会社と示談交渉をしてくれる訳ではありません。
自動車保険は、交通事故の加害者になった場合に、被害者に賠償するために利用する保険ですので、追突事故のように、被害者に過失が全くない場合は、自身の保険会社が示談交渉に関与してくれないのです。
そうすると、追突事故の被害者は、ご自身で相手方保険会社と交渉しなければならなくなります。
しかし、専門知識をもった相手方保険会社と交渉するのは容易なことではありません。また、交渉すること自体にストレスを感じられる方も多くいらっしゃいます。
この点、弁護士に依頼すれば、相手方保険会社との交渉は弁護士が行うことになりますので、相手方保険会社と交渉する負担を負う必要はなくなります。ご自身で交渉することにストレスを感じられる方は、一度弁護士にご相談下さい。

 

 

相談料・着手金0円 交通事故・後遺障害無料法律相談のご予約 些細なことでもお気軽にご相談ください。TEL:079-456-8220 受付時間 平日9:00~19:00 相談時間 平日10:00~19:00 土日祝及び夜間は応相談

ご相談の流れはこちら